婦人科のトラブル 生理・おりもの

「・・・過ぎ」が生理を止める?

投稿日:

生理が止まる原因はいくつかありますが、
今回は、生理が止まる原因とその対処法を
東洋医学的な観点からお伝えします。

こんにちは。

1日3分!5つのサインで
あなたの‟なんとなく不調”を見える化する!
薬に頼らないセルフケアの食べ方
「フェミニン望診」トレーナーの
霜崎ひろみです。

生理には体の中の「○」がかかわっている!

東洋医学では、西洋医学と見方が違うところがあります。

西洋医学では、生理と言えば、子宮ですが、
東洋医学では、生理と関係がある主な臓器を

「腎」と考えます。

東洋医学で考える「腎」は、

●親からもらってきた生きるエネルギー

●成長にかかわるエネルギー

●生殖にかかわるエネルギー

を貯めているところなのです。

人は、成長しつつ、

この「腎」という器を大きくし、

親からもらったエネルギーを使いつつ、

食事からエネルギーを足して、

「腎」のエネルギー貯金を増やしていきます。

そして、この「腎」という器に
エネルギーが満杯になり、

余ったものが「生理」になるのです。

こういう考えがあるので、

生殖にかかわる力が弱い
イコール =「腎」が弱い
ととるのです。

そして、
生理が止まる原因のひとつに
「腎」が弱い、「腎」が疲れている
というものがあるのです。

 

生理にかかわる「腎」を弱くする行動

では、どういう場合に「腎」が弱くなってしまうのでしょう?

① 生まれつき、体が弱く生まれてきた。

つまり、親からもらったエネルギーが十分にない場合。

 

② 長い病気や、ダイエットのしすぎで、

成長や生きるエネルギー貯金が少ない場合。


③ 「腎」の使いすぎで、エネルギー貯金が足りなくなった場合。

つまり、早婚多産とか、
あまりにもセックスをしすぎてきた場合などが
考えられます。

①~③にあてはまるときは、
何と言っても
「腎」をいたわる行動や食事を心掛けることが大切です。

★ 疲れすぎない

★ 夜中に起きていない(日付が変わる前には寝る!)

ということ。

また、食事では(一般的に)

海藻類、黒ごま、黒豆、貝類、すっぽん 

などがおすすめです。

しっかり、
ごはんとお味噌汁とおかずの和食で
体を作るというのも大切。

ひとりひとり体の状態が違ったり、
原因がいくつか重なっていることもあります。
だからこそ、あなただけの「食べ方」が
必要なんです。

あなたも「フェミニン望診プログラム」で、
自分の体調チェックをして、
セルフケアの食べ方を

身につけませんか?

フェミニン望診プログラム初回体験会
お申込み受付開始!

 

-婦人科のトラブル, 生理・おりもの
-, , , , , ,

Copyright© フェミニン望診 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.