プログラム 東洋医学・望診 なんとなく不調 体の不調

今日は、薬膳茶いかがですか?肝臓、目のサポート編

更新日:

おはようございます!

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみです。

 

今日から、新年度ですね。

 

今日は、ほとんどメルマガには

書いてきていなかった話題を。

 

フェミニン望診で、

実は、良く使っている『お茶』

のお話を。

 

 

フェミニン望診 初回体験会

【4月枠募集中】
体験会3,300円→無料ご招待枠・残8
詳細・最新日程はこちらから
▼▼▼
体験会の詳細を見る

 

たかが『お茶』、されど『お茶』。

 

『お茶』にも侮れない

チカラがあるんです。

 

フェミニン望診では、

お茶もまた、

色んな視点から選んでいく

のですが、

 

自然療法でよく使われる

番茶や、梅干などキッチンにある食材で

作れるようなお手当茶から

薬膳茶、時にはハーブティーなども

 

一人ひとりの体調

カラダサイン(望診)

で選んでいきます。

 

基本、スーパーで手に入るもの

が多いですが、

今日は、ちょっと趣向を変えて、

ここ数日、書いている

「肝臓」や「目」の

サポートになる『薬膳茶』

ご紹介しますね。

 

 

杞菊茶(こぎく茶)

*枸杞の実(くこのみ)

*菊花(きっか)

をブレンドしたものです。

 

IMG-9406.JPG

 

枸杞の実は、

肝臓をサポート

視力低下などにも

良いとされています。

おまけに、

めまいや耳鳴りのときにも

使われたりします。

 

菊花は、働きすぎて

オーバーヒート気味の肝臓

クールダウンする力があります。

目が赤くなってしまった時や、

頭痛、めまいなんかにも

使われる食薬です。

 

この2つをブレンドすることによって、

相乗効果で、肝臓や目を

サポートしてくれる

というわけです。

 

一般的には、

疲れ目・かすみ目など、

目のトラブルがあるときに

チョイスされる薬膳茶です。

 

食べ物だけでなく、

お茶もカラダケアに使えます。

 

いろんな選択肢があることで、

一人ひとりの状態や生活に合わせて

カラダやココロを変えていける。

 

幅広い職業、生活環境の方、

いろいろな人が

選択できることがある、

できることがある、

たくさんの手がある

フェミニン望診です。

 

☑ 東洋医学に基づいた
  カラダサイン(望診)

  不調をケアする食べ方
  学びたい、使いたい方

☑ なくしたい不調がある

まずは、レッスン体験しに来てくださいね。

 

プログラムの体験はこちらから

霜崎さん個別相談バナー.png

 

 

 

 

 

それでは、

今日も
良い日でありますように!

 

フェミニン望診トレーナー

霜崎ひろみ(しもざきひろみ)

-プログラム, 東洋医学・望診, なんとなく不調, 体の不調
-, , , , , , , ,

Copyright© フェミニン望診 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.