肌のお悩み 東洋医学・望診 体の不調 美容トラブル

かさかさ肌の人は、干からびている証拠?

更新日:

おはようございます!

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみです。

 

顔や口の周りが「かさかさ」

すねやかかとが「かさかさ」

手も「かさかさ」であかぎれ

 

していませんか?

 

フェミニン望診体験会
▼お申込み・詳細は▼
こちらをクリック


2021年2月体験会お申込み受付中
3,300円→
無料枠 先着順 ⇒残席6
2月体験会特典
★春の花粉症対策応援企画★
21日間で身体が変わる!
『花粉症卒業・食べるケアカレンダー』進呈中

 

 

こういうとき、体は、まさに

「干からびている状態」

東洋医学では考えます。

 

「干からびている」

というのは、言い過ぎですが、

まさに、見てのごとく

「水分不足」です。

 

田んぼに水がなくなって、

地割れしているような

状態なのです。

 

地割れ .jpg

 

私たちの肌は、

水分が乾燥しないように

肌の表面にバリアが

はってあります。

 

このバリアにも

水分が含まれていて、

その量が適量だと、

 

「潤いのある肌」

 

その水分量が少ないと

「かさかさ肌」

なってしまいます。

 

 

水分が少なくなってしまう

原因はいくつかあります。

 

もちろん、

紫外線の影響や、

ゴシゴシ洗いすぎる

などもありますが、

 

寝不足や生活習慣が

乱れている方も多く、

 

何より、食生活は、

すごく大きな影響

があります。

 

 

フェミニン望診プログラム生は、

大げさではなく、

美肌になる率99%です。

 

しかも、年齢制限なし!

最年長の方では、

もうすぐ70歳の方も

美肌になってます!

 

お顔だけでなく、

この冬は、

「あかぎれが少ない!」

「かかとがガサガサしていない!」

という方、多発。

 

その秘密は、やっぱり、

「自分に合った食べ方」

にあります。

 

つまり、

体サイン(望診)でわかる

「体が食べたいよ~」と

言っているものを

食べていくので、

体が喜ばないわけはないのです。

 

かさかさ肌でお悩みだと、

ビタミンやコラーゲンなどの

サプリを飲んで

いらっしゃるかもしれません。

 

しかし、

「食」を変えなかったら、

ぬかに釘…のことも。

(手ごたえがない)

 

逆に言えば、

「食」を変えたうえで、

サプリを飲んだら、

すごい威力ってことです。

(実際、サプリもいらなくなる)

 

プログラムには、

エステのお仕事をなさっている方も

いらっしゃるのですが、

ご自分の変わりように

びっくりなさっています!

 

美容業界の方が、

フェミニン望診を

知っていたら

鬼に金棒!

 

子育て中の方も、

お仕事に忙しい方も、

 

「かさかさ肌」は

体からのサインです。

 

人それぞれ違う

「水分が

少なくなってしまう原因」

探してくださいね。

 

そして、

『食べるケア』を始めるなら

紫外線が強くなる前に!

今がベストです。

 

あなたの

かさかさの原因解明のヒント

美肌率99%の秘密がわかる

フェミニン望診プログラム体験

こちらからどうぞ。

▼ ▼ ▼

無料体験会に申し込む

 

霜崎さん個別相談バナー.png

21日間で身体が変わる
『花粉症卒業・食べるケアカレンダー』
体験会でプレゼント中!

 

詳細はここをクリック

ーーーーーーーーーーーーー

◆発行責任者◆
1日3分5つのサインで
女性のなんとなく不調を
見える化する
薬に頼らないセルフケアの食べ方

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみ(しもざきひろみ)

 

-肌のお悩み, 東洋医学・望診, 体の不調, 美容トラブル
-,

Copyright© フェミニン望診 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.