東洋医学・望診 なんとなく不調 体の不調 免疫力アップ

はっくしょ~ん、鼻水ずるずる、むずかゆい、花粉症の原因はどこ?

 くしゃみ、鼻水、鼻づまり、

だけじゃなくて、

痰がからむし、咳も出る…

 

こんなことありませんか?

 

 

 みんな2.jpg

悩みを今!手放して
一歩ずつ未来へ進みましょう!

☆フェミニン望診
プログラム体験会☆
2022年2月無料6枠⇒残4
申込受付開始

メルマガより募集します。

こちらの小冊子ダウンロードで
メルマガお届けします。

https://www.agentmail.jp/lp/r/429/31964/

40023.jpg

■体験会価格 

メルマガ読者様限定無料

(通常 体験会価格 3,300円)

■体験会時間

60分(最長90分)(ZOOM)

2021_06 バナー.png

 
 

 

おはようございます!

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみです。

 

 

東洋医学で花粉症を考えるとき、

特に「ある臓器」が

元気なのかどうか?

 

をみていくのですが、その臓器とは、

「肺」と

「消化器(胃や膵臓)」です。

 

今日は、「肺」のこと、

お話します。

 

「肺」は、ご存知の通り、

呼吸に関連がありますが、

東洋医学で考えると、

他にも働きがあって、

 

☑カラダにバリアを張って、

花粉とかウィルスとか、

入ってほしくないもの

=邪気を防ぐ。

 

☑体の中にある水分を

全身に送るポンプの働きをする。

 

こんな働きがあるので、

「肺」が弱くなると、

 

・花粉やウィルスが

入りやすくなって、

花粉症になったり、

風邪をひきやすくなる。

 

・呼吸器にトラブルを

起こしやすくなる。

 

だけじゃなく・・・

 

・体の水分代謝が

うまくいかなくなる。

(だから、

鼻水がずるずる止まらない

につながるんです!)

 

こんな働きがあるのです。

 

なので、

「肺」が弱っている人は、

花粉症の症状でいうと、

・くしゃみ

・咳

・鼻水

・鼻づまり

・痰

などがつらいんです!

 

 

「肺」に原因がある!

 

というのは、

想像つきやすいですが、

 

もうひとつ、

「消化器(胃や膵臓など)」が

弱いと花粉症になりやすい、

って想像できますか?

 

こちらは、明日、書きますね!

 

 

フェミニン望診は、

こんな東洋医学をベースにしています。

それを、

カラダに出ているサイン

見分けて、

「食」でケアしていきます。

 

だからこそ、ピンポイントで、

食事指導ができるのです。

 

もし、

花粉症やその他、

不快な体調があるならば、

カラダサインを読んで、

あなただけの

「食べるケア」で

変わりませんか?

 

あなただけの
オーダーメイドの食べるケア
その一部が体験できる!

フェミニン望診体験会

メルマガより募集します。

こちらの小冊子ダウンロードで
メルマガお届けします。

https://www.agentmail.jp/lp/r/429/31964/

お申込み受付中です!

無料枠6⇒残4
霜崎さん個別相談バナー.png

フェミニン望診トレーナー

霜崎ひろみ(しもざきひろみ)

 

 

**プライベートプロフィール**

東京の下町出身でお祭り好き
今は、東京の畑もあるあたりに在住

動物占い:コアラ

好きなことやもの:
旅行・カフェ・朝ドラ

得意なこと:
人の名前を覚えること
(この頃少し衰えてきた)

■著作権について

当メール及びSNS・Webサイト等のすべては
著作権、知的財産権によって保護されている
ことはもちろんですが、ご自身のために役立てる
用途に限定して提供しており、
その著作権は、『フェミニン望診』にあります。

書面による許可(ライセンス)なく
複製、改変するなどして、転売、転載、
配布等、いかなる手段においても、
一般に提供することを禁止します。

■免責事項
また、当メールの情報を使用し
損害が生じたとしても
一切の責任を負いません。

 

 

 

-東洋医学・望診, なんとなく不調, 体の不調, 免疫力アップ
-, ,

© 2022 フェミニン望診 Powered by AFFINGER5