子宮の疾患 東洋医学・望診 気持の不調 体の不調

良かれと思ったことが、裏目に出ることないですか?

更新日:

おはようございます!

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみです。

 

良かれと思って精一杯やったつもりが、

伝わらず、かえって、嫌な思いをさせていた。

 

そんなことって、ありませんか?

 

 

フェミニン望診体験会

▼お申込み・詳細はこちら▼
https://woman-boushin.com/first?0201
2021年2月体験会募集開始します!
3,300円→
無料枠 先着順 ⇒残席9

 

 

私、こういう時は、

「私はそんなつもりじゃなかった…」

と思っていも、気分を害すのではなく、

 

すごくすごく考えるんです。

 

人物 憂うつ.jpg

 

「そんな風に伝わっちゃってたんだ…」

「どこが悪かったんだろう?」

「どこで行き違いがあったんだろう?」

 

 

悔やんでも、時は戻らないから、

次に生かすしかない。

 

そう切り替えてまた一歩踏み出す。

 

そんな私が、過去に、

かなり長い時間、

立ち直れなかったことがありました。

 

私がちょうど「子宮がん」

とわかった時、

ご縁がつながり、ある女性に

食事指導をしてもらう

ことになるのですが、

 

これが目から「うろこ」のことばかり。

 

このまま続けていけば、

手術をしないで治るかも…

と思いました。

 

その他、

刺絡療法(免疫をあげる鍼治療)、

気功等々やりはじめました。

 

ある意味、馬車馬のように

信じて走ってました。

 

その頃、

子供の頃から

とてもお世話になっていた

おじさんも「がん」になりました。

もう手術できないほどで、

抗がん剤治療が始まりました。

 

私は、

かじったばかりの知識を

そのおじさんにも

「これも良いよ。」「あれも良いよ。」

って伝えていました。

 

私もそうだったけど、

おじさんも藁をもすがる思いだった。

 

そんなある日、私が紹介した

「刺絡療法」の先生が、

おじさんに

「抗がん剤はやめたほうが良い。」

とアドバイスした。

 

そして、おじさんは抗がん剤をやめ、

代替療法に切り替えました。

(食事までは変えられなかった。)

 

一方、私はというと、

「食」「刺絡療法」「気功」で

「手術をしないで、

自然療法だけでいきたい!」

とがんばっていました。

 

そんな私に、親戚家族は

 

「そんな変なこと言ってないで、

手術してほしい!」

 

妹は、色んな資料を準備してきて、

「今、手術すれば、

5年生存率が〇%だから、、、」と。

みんなに、涙ながらに説得されました。

 

私も、強いこと言っていたけれど、

本当は、不安でいっぱいだった。

 

手術をすることを決意しました。

 

この後、手術をしたことが、

猛省と夢を生むことになるんですが、

 

長くなってしまうので、

続きはまた明日にします。

 

体サインからわかる
あなたの不調改善の手がかりを
持ち帰っていただく90分。
体験会のお申込み受付中です。
2月限定無料枠お申込み受付中!

フェミニン望診体験会
霜崎さん個別相談バナー.png

詳細はここをクリック

ーーーーーーーーーーーーー

◆発行責任者◆
1日3分5つのサインで
女性のなんとなく不調を
見える化する
薬に頼らないセルフケアの食べ方

フェミニン望診トレーナー
霜崎ひろみ(しもざきひろみ)

 

-子宮の疾患, 東洋医学・望診, 気持の不調, 体の不調
-,

Copyright© フェミニン望診 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.